私たち解禁します/焼きトマト (巨乳とロリとビッチと)

レビュー

私、司伝の現実の好みと二次元の好みは全く別物である。まあ現実にセックスを誘ってくるロリは存在しないから、と言ってしまえば終わりだが、それほどに人間の内面を正確に表現できる漫画が存在しないからとも言える。

現実は地続きだから、内面こそが最も重要だし、それを読み取るのが難しい。二次元のキャラの内面表現というものは、いかに複雑に描いたものであっても、よく見れば答えが見えてくる。この「見える」ことが私にとっては非常に大事だ。二次元は全て見える。だからこそみんな愛せる。

ルックスについては語るまでもないが、二次元に真の意味でブサイクなど存在するはずもない。だから、現実世界でアリかナシかで分けられる女性評価において、二次元キャラなら全部合格してしまうのだ。

つまり何が言いたいかというと、二次元キャラの性質や体型については、よっぽどのフェチ系ではない限り受け入れられるのだ。ロリ熟女巨乳貧乳もみんな愛おしい

司伝
司伝

今回は多種多様なセックスを描いた作品集をご紹介します。

私たち解禁します/焼きトマトについて。

私たち解禁します/焼きトマトとは

タイトル私たち解禁します
著者焼きトマト
初版発行2019年
掲載誌・レーベルワニマガジンコミックススペシャル 
出版社ワニマガジン社
ページ数213頁
形式オムニバス

漫画家・焼きトマト

焼きトマト氏は同人活動もしている漫画家だ。ここ最近は一般向けの漫画をTwitter(別アカウント)で掲載するのが日常らしい。このまま一般漫画へ移行するのだろうか。

画力は高い。が、多少見づらいシーンもある。トーンの使用量が多いからだと思うが、この辺りは好みが分かれるかもしれない。肉体を描くのは抜群に上手いと思われる。

内容の趣向はわかりかねる。私たち解禁します』内でも、ムチムチ巨乳JKから始まり、終盤はロリがあったり、その方向性はわからない。ただどれも普通じゃない、官能的な物語を好むのは変わらない。

作品・私たち解禁します

本作では可愛いヒロインがじつはエロかった的な【ギャップ萌え】で見せつつ、何人もの男女が入り乱れる多人数プレイや、ロリ3P、青姦、ハーレムものなど多種多様なHを掲載。読んでヌケる作品集。
さらに【デジタル特装版】には「田舎に暮らそう」のカラー見開きと、デカチン先輩と卒業SEXにチャレンジするイチャラブHの「ふたりでデキるもん!」18ページを収録!!

私たち解禁します【デジタル特装版】 [ワニマガジン社] | DLsite 成年コミック – R18

引用した通り、多種多様が魅力である。女性の好みについては、一冊を通してどれか一つは一致するだろうとは思う。

個人的にはビッチ、多人数、ロリと好みのものがあったので良かった。

【各話解説】私たち解禁します

それでは、私たち解禁しますを一話ずつ解説していこう。

ヤンキー母校でハメる

 ヤンキー男の下駄箱に入っていたラブレター。その送り主は以前絡まれていたところを助けた後輩女だった。しかし、その恋心は独特で、強い人にメチャクチャにされたい、というものだった。その要求に応えようとするヤンキーだったが……

純愛物と見せかけてキツイ性癖持ちのメガネ巨乳JKがヒロインだ。ほどよくムチムチで、下半身のボリュームなんかも良い。書き文字とトーンで多少見づらいところがあるのが難点か。

プレイ内容

パイズリフェラ、後背位、駅弁など。レ○プ風、という感じなのは少し微妙だ。ヤンキーが地味JKの掌の上で転がされるくらいのものが見たいと思った。

恋花粉の季節

 意中の相手が近くにいるとその思いが伝わるまで発情が続くという「恋花粉」のある世界。春香は陽太に恋花粉になったふりをして陽太に迫るのだが、思いを伝えた瞬間、本当にかかってしまい……

アホ設定である。それ自体は好きなのだが、普通に純愛物になっているのが残念だ。ヒロインの春香はほどよくムチムチの巨乳JK。肉体の感じはやっぱり良い。

プレイ内容

手マンから青姦後背位、駅弁内容は思ったよりも淡白だが、シーン自体はエロく描けている。

TAKE TWO

 智が恋した相手は演劇部部長の白水由紀。彼女は演劇の優先を付き合う条件として告白を受ける。デートはお互い別の人物になりきって行っていたが、智に限界が来て……

良い設定だが、蓋を開ければ普通にいちゃラブセックスするだけである。演技のセックスのほうがもう少し見たかった。

プレイ内容

演技セックスの後、フェラチオ、対面座位、正常位。女性優位のセックスが見たかったのが本音でもある。

田舎に暮らそう!

 田舎に引っ越してきた柚木奈々。文句を言いつつも、積極的に話しかけてくる白川由紀をはじめ、友達や村のことをそれなりに気に入っている。しかし、友達の遊びはセックスであり、奈々は驚愕する。そして、学校内で乱交が始まり……

ギャルっぽいのに処女な柚木奈々。日焼け元気っ娘の由紀たちが遊び感覚でセックスしていて、奈々が徐々に染まっていく様……控えめに言って最高だった。この1篇は50頁以上の大ボリュームだが、奈々が無理やり仲間に引き入れられて、そのまま乱交が日常化してしまうところまで見られる。

特に由紀は最高級のヒロインである。日焼け肌でショートカットいかにも田舎を遊び回ってそうな少女。脱げばスポブラの色気の薄い女子ながら、本当に楽しそうに乱交して喜んでいる。好みど真ん中だった。

ちなみに、特装版にはカラーページも収録されている

プレイ内容

細かくは書ききれないが、先生も混じってひたすらセックスしている。この空間に細かい技術の応酬など必要ないのだ。

司伝
司伝

由紀は最高ですね。もっと由紀を中心に見たかったくらいです。

増田大介は静かに濡らしたい

 増田大介の趣味は人間視姦(かんさつ)。ある日、ロリ巨乳(ひな)とロリギャル(にな)というSランクロリ二人組に魅了され、できる限り近くで見ようと近づく。満員電車の中でロリビッチにうっかり触れてしまったことをきっかけに、増田は二人に連れ出される。すると、彼女たちは本物のロリビッチで……

打って変わってロリである。しかし、これがロリビッチ好きにとっては質の高いロリビッチだった。いかにも子どもというひなと、子ども日焼けギャルのにな。このコントラストが良くて、ひながパンツを脱ぐシーンなど最高だった。

セックスシーンに見づらさこそあれ、ヒロイン二人でおつりが来る。

プレイ内容

トイレで恐喝手コキオナニー。ホテルに移動して3P騎乗位、正常位、種付けプレス……。これは良いファンタジーである。

司伝
司伝

ロリ好きにはたまらない1篇。次作も合わせて楽しめます。

増田大介は静かに濡らせない

 前作の一年後。二人と円光友達となった増田だが、二人のせいで子どもを見るだけで勃起するようになってしまう。そのことで関係を終わらせようとするのだが……

醜い主人公だが、ずっと二人に押されるままなのが良い。今回は二人に折檻されるのだが、もはやご褒美にしか見えない。ちゃんと一年分体が成長しているのもこだわりを感じる。

プレイ内容

足コキ(強)から風呂場でパイズリベロチュー3P騎乗位は壮観。ひなの成長っぷりが特に良く、メチャクチャドSに育っているパイズリの時の表情が満点である。

ふたりでデキるもん!

 特装版にのみ収録されている1篇だ。幼なじみのたけの卒業式の日、姫子はお祝いにセックスをしようとする。以前は失敗した二人だったが、姫子はしっかり練習しており……

バカみたいなノリで始まるが、姫子はかなりかわいい。ロリでもない小柄で表情がコロコロ変わる。良いヒロインだった。

プレイ内容

フェラチオから対面座位後背位正常位。何気に彼女の母からコンドームを渡される、という流れも興奮できたりする。

まとめ~私たち解禁します~

司伝評価

絵柄4.5
物語 4.5
キャラクター 4.5
抜き 5.0
万能度 5.0

私たち解禁します実用的な一冊だった。焼きトマト氏の絵柄のエロさとヒロインたちの魅力を堪能できるため、広く人に勧めたい一冊だ。

個人的には、「田舎で暮らそう!」のような作品、ロリ系でそれぞれ単行本を出してくれることを望みたい。性癖に刺さる物を集めてくれたほうが、購入する読者にとっては喜ばしいので、その辺りを調整してもらいたい。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました