未姦成少女篇(三月さんいち)いじめの仕返し

レビュー

司伝の過去作レビュー

『未姦成少女篇』は2013年に発売された、三月さんいち(さんがつさんいち)氏作の商業アダルトコミックである。

三月さんいちはCOMIC LOに漫画を掲載していたエロ漫画家の先生だ。近年の活動は不明だが、エロ漫画としてはロリものを描いており、特に父娘の近親相姦作品を好んでいる。なお、本冊は唯一の商業単行本となっている。

本項では『未姦成少女篇』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • つくってオナろ! ~楽しい娘オナホの作り方~
  • あひるの娘 前後編
  • ちびよめたま
  • 出会いにごちゅうい!?
  • 普通の父娘恋愛
  • エプロンにごちゅうい!?
  • おかしの家
  • むすめいき
  • おかーさんに黄泉がえりっ!

『未姦成少女篇』の魅力

『未姦成少女篇』は全10篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「あひるの娘」は前後編の作品、「出会いにごちゅうい!?」「エプロンにごちゅうい!?」は同じヒロインと竿役の作品となっている。

ヒロインはJSJCくらいのロリっ娘。おっぱいはちっぱい貧乳で、正統派のロリっ娘である。萌え系のタッチで描かれるヒロイン達はみんな可愛らしく、ロリが好きならすんなり受け入れられるだろう。

シナリオは全て現代劇。「あひるの娘」以外は全て一対一の和姦だが、ヒロインと竿役の関係が親子だったりと、背徳的な設定の作品ばかりである。ほぼ近親相姦作品集と言っても過言ではない。

お気に入り作品は選びやすいものの、それ以外にもオススメは多い。「出会いにごちゅうい!?」円光する相手が娘だった、というお話。ツンツンした娘へのお仕置きセックスはなかなか股間にくる。「むすめいき」娘に指入れしていた過去を指摘され……というお話。幼少期から名器であることを指入れして確認していたわけだが、そんな娘に入れられるという達成感に妙に興奮した。そんな中でお気に入りとしてピックアップするのは「あひるの娘」である。

JS、三都あづさはいじめられっ子である。転校したものの、その先でもまたいじめられようとしていた。その理由は、あづさが男子からの評判が良く、他の女子の嫉妬するからだった。あづさはまた登校拒否しようか悩んでいたところ、ハヤトとタケマの二人に話しかけられる。帰り道が覚えられないあづさに付いてくれていた彼らだが、すでに目的は変わっていた。あづさは二人に秘密基地へと連れていかれ、エッチないたずらをされていたのだ。その日はいつもと様子が違い、あづさは全裸にさせられてしまい……。

いじめられっ子が優しくしてくれる男子からの要求に断り切れずにエッチしちゃう。何ともかわいそうな展開に思えるが、面白いのはここからである。二人からと仲を深め、セックスに抵抗がなくなったあづさ。そんな時に他の男子に見られ、その男子ともセックスをすることに。そうして多くの男子と”遊ぶ”日々が続くと、女子からのいじめが深刻になっていく。そんな中、いじめっ子のリーダー格が男子の一人と付き合っていることを知ると、あづさは彼を寝取ってしまうのである。なかなかまとまったシナリオで、綺麗な復讐劇に仕上がっている。男子たちの相手をする描写もエロく、設定もシナリオも含めて良作だった。

魅力的なロリ作品が揃っており、見ごたえのある作品集だった。

【まとめ】未姦成少女篇

司伝評価

絵柄3.5
物語4.5
キャラクター4.0
抜き4.0
ロリ5.0
  • 設定からエロいロリ作品が読みたい
  • 正統派のちっぱい貧乳ロリっ娘が好き
  • 親子の近親相姦作品が好き

『未姦成少女篇』は以上のような方々にオススメしたい。「あひるの娘」だけでも魅力的だし、他の作品も使えるものが揃っている。絵柄は今風ではなく人を選ぶと思うが、それでも十分に楽しめる一冊に仕上がっている。

いじめ、あかん。美少女がいじめられていたら、ぜひ男子諸君で守ってあげよう。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました