僕の素敵なお姉ちゃん(白野じん)夢のおねショタハーレム

ほ行

司伝の過去作レビュー

『僕の素敵なお姉ちゃん』は2018年に発売された、白野じん(しらのじん)氏作の商業アダルトコミックである。

白野じん氏はコミックホットミルクなどに漫画を掲載するエロ漫画家の先生だ。クセのない絵柄で巨乳美女を描く、万人受けしそうな画風。作風についても抜き特化という印象で、安心して実用的な作品を楽しませてくれる。なお、本冊については長編作品となっている。

本項では『僕の素敵なお姉ちゃん』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • 義父と私の昼下がり
  • 僕の素敵なお姉ちゃん 1~10
  • ゲスパコ 前後編

『僕の素敵なお姉ちゃん』の魅力

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ171280.html

『僕の素敵なお姉ちゃん』は全12篇+2頁のセリフ付きイラストで構成されているオムニバス短編集だ。内「僕の素敵なお姉ちゃん」が全10話の長編作品、「ゲスパコ」が前後編となっている。

「ゲスパコ」万引きGメンと万引きJKのパコライフが収録された2篇の物語。ここでは、長編作品である「僕の素敵なお姉ちゃん」を中心に書いていこう。まずは簡単なあらすじを掲載しておく。

直江景は綺麗なお姉さんが好きであり、思いっきり甘えるのを夢見ていた。ただ、実姉は地味で暗く、理想とはかけ離れている。ある日、神社にて「お姉ちゃんを綺麗でエッチなイケてるお姉さんと交換してください!」とお願いする。すると、それは本当に叶い、自宅には綺麗で元気な、そしてエッチな姉、涼香が居た。その姉とはすでに関係を持っており、その日も景の願望をかなえてくれた。後日、学校で友人との会話から、パラレルワールドからやって来たと景は推測した。その帰り道、見知らぬJK二人に声をかけられると、そのままカラオケにて二人をセックスをする。二人は涼香の友達であり、それは涼香の計画の内だった……。

ヒロインはJK以上で、竿役からは年上にあたるお姉さんたちである。おっぱいはみんな揃って巨乳で、理想の世界だからか、キラキラしてイケてる巨乳美人ばかりだ。絵柄もクセがなく見やすいため、ビジュアルにも文句はない。

お話としては、様々なお姉さんたちとおねショタセックスをした後、涼香と実姉が同一人物であることが発覚する。彼女は景のために地味な姿になったのだが、元の世界では心を痛めて命を落とそうとする。最後には、景は元の世界へと戻り、彼女の命を救ってハッピーエンドとなる。

そんな感じで一応ストーリーはあるのだが、メインは何と言ってもおねショタハーレムである。色んなお姉さん達が自分を導いてくれるという展開は、おねショタ好きは満足すること間違いなしの実用性を誇る

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ171280.html

序盤は「元の世界でも存在した色んなお姉さん」とセックスしつつ、姉の涼香とセックス。友人の新の姉、弥和ともセックスし、お姉さんハーレムを堪能する。新もその恩恵を受け、同級生のつばめとセックスする。そして、最後には今までのヒロインが総登場し、竿二人がハーレム乱交をする。そんな夢のような展開となる。

お気に入りのヒロインはもちろん、正ヒロインである涼香だ。”理想”だけあって、甘えさせてくれるし導いてくれる。6話では幼い頃の性体験も描かれており、ロリ涼香も見ることができる。彼女だけでも数回は使えそうである。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ171280.html

パラレルワールドという世界観を活かした、ご都合おねショタハーレムエロ漫画界でも随一の、入ってみたい作品だった。

【まとめ】僕の素敵なお姉ちゃん

司伝評価

絵柄4.5
物語4.0
キャラクター4.0
抜き5.0
おねショタ5.0
  • おねショタこそ至高
  • 巨乳お姉さんのハーレムを体験したい
  • 姉萌えである

『僕の素敵なお姉ちゃん』は以上のような方々にオススメしたい。何とも搾り取られる作品であり、満足のいくおねショタ体験ができるはずだ。

次々にお姉さんに誘われるというご都合展開。だが、それがいいのである。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました