オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。/ふみひこレビュー

お行

よく言われる「オタクに優しいギャル」という存在は、ネットだと馬鹿にされやすい。居るわけないだろう、と。しかし、私、司伝はその意見に反論しておきたい。

ギャルは我が道を行くタイプが結構多い。ギャルの定義にもよるが、「自分はこうしたい」という意思でギャルっぽい容姿をしている子はそういうタイプである。そういう人は周りを気にしないから、何かきっかけさえあればアニメ、あるいはアニメキャラクターにハマることがあり、普通の女性よりもオタクに寛容なのである。

実際にそういう女性に会ったこともあるが、そんな彼女はコスプレをしていると言っていた気がする。リアル喜○川海夢である。まあエロゲを嗜むのはレアだと思うが。

司伝
司伝

今回はオタクに優しいギャルなど、魅惑的なヒロインの活躍する作品集をご紹介します。

本項目では、『オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。』の作者ふみひこ氏について、また、『オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。』シナリオやプレイ内容、ヒロインの雑感、オススメのヒロインと一話について、最後には司伝の評価も記載しておく。最後まで見ていただければ幸いだ。

オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。/ふみひこ とは

タイトルオタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。
著者ふみひこ
初版発行2021年
掲載誌・レーベルコミックホットミルク
出版社コアマガジン
ページ数228頁
形式オムニバス

漫画家・ふみひこ

ふみひこ氏はコミックホットミルクなどに漫画を掲載するエロ漫画家の先生だ。

画力が高く、迫力のあるエッチ描写が秀逸。その迫力は、描かれるヒロインの爆乳っぷりで助長されているように思う。作品は全体的に艶めかしい雰囲気が演出されている。

作品・オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。

罰ゲームでキモオタの景浦とハメることになった結愛は、童貞だからってイクの早すぎるだろ、こんなチ○ポぶら下げやがって…とあっけなく射精させた。その後、結愛はマ○コが疼いて我慢できない。キモオタを捕まえ、ちょっと舐めただけでまた発射かよ…と咥え、こっちに出せよ…と跨る。オタクのくせになんて良いチ○ポ持ってんだよ…と立ちバックもヤラせてやるのだ。(黒ギャルちゃんとメガネくん)
思春期の入り口の年齢、今日もゲームでバトルだ。負けた方が勝った奴の言いなりになるんだからな…と熱くなるが、あゆみはとてつもなく巨乳だった。凄い感触、生の乳房を触り始めるとブレーキが効かない。掌はデカパイから秘局へと移る。驚きのボリュームを知り、そして挿入の快感は男性器そのものに浸透していくのだった。もちろん、あゆみだって甘美な性を知り始める。(にゅうげーむ)
――他、爆乳の水泳部キャプテン、酔った勢いでHしてくれるお姉ちゃん、先生を逆レ●プする黒髪ロングの優等生等、性癖直撃最高娘達が大集結!

オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。 [コアマガジン] | DLsite 成年コミック – R18

『オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。』は短いカラー作品も含め、全11篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「その後の黒ギャルちゃんとメガネくん」「黒ギャルちゃんとメガネくん」の後日談だが、本編以上にボリューミーに描かれている。

内容については抜き重視のいちゃラブが中心で、エロティックかつ愛のある(?)セックスが見られる。タイトルについては引用にも書かれている2作品から取られていると思うが、全体としても巨乳は絶対だし、ギャル幼馴染も複数篇描かれている。

【詳細】オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。

それでは、『オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。』をより詳しくご紹介しよう。

【収録作品】

  • 射精しちゃえ!先生!
  • 西中有貴の悩み
  • 黒ギャルちゃんとメガネくん
  • その後の黒ギャルちゃんとメガネくん
  • にゅうげーむ
  • ボクにできること。
  • アンビバレンツの裏側
  • NO MONEY NO SEX
  • 酔う夜
  • BORDERLESS
  • かんちがいかん

シナリオ

シナリオは全て現代劇。内容は抜き重視で、恋人同士のいちゃラブもあれば不貞関係もあり。恋愛以外では近親相姦、痴漢などを取り扱っている。

プレイ内容

プレイは一対一のセックスばかりだが、ワンパターンにはならず、男性優位か女性優位かも含め、それぞれの作品で違う味を出している。

体位は騎乗位、正常位、後背位など。パイズリフェラチオ69も要所で使われている。

それほど変わったことはしないのだが、演出に迫力があり、とても実用的なエッチシーンを見せてくれる

ヒロイン

ヒロインギャルを含めてJKばかりで、社会人は一人のみ。おっぱいはみんな爆乳レベルの巨乳であり、巨乳作品集と言っても過言ではない。

ビジュアルは可愛いというよりセクシー寄りで、とにかくエロい印象。ヒロインの見た目に文句をつける人は恐らくいないだろう。その大きすぎるおっぱいと、これまた大きなお尻は存在感があり、ちょっとムチっとしたエロさも感じられる。

オススメの一話

抜けるという意味では横一線の作品集で、オススメの一話を選ぶのは難しい。ここでは「NO MONEY NO SEX」をピックアップ。

彼女と別れて性欲の溜まっている竿役、カズは、幼馴染のイヴに対し、1万5千円を手に「一発ヤらせてくれっ!」とお願いする。今お金がないというイヴは、相手がカズならとそれを了承する。いざ挿入すると、イヴはマグロであり、セックス中もずっとスマホを触っている始末。落ち込むカズは、追加料金とともにもう一回させてくれるようお願いし……。

幼馴染が性に軽いギャルとかたまらんなと思う今日この頃。スマホを触りながら入れられてるシーンが個人的にはツボ。いかにもエッチなんてヤりなれてますよ、という感じが良かった。

オススメのヒロイン

オススメのヒロイン「酔う夜」の姉、桃華。唯一の年上ヒロインで、近親相姦である。

両親に気遣って外出をやめた姉の桃華は、リビングで飲んだくれていた。竿役はそんな姉に呆れつつ、姉の露出の多さに動揺し、すぐ部屋に逃げ帰ってしまう。その夜、竿役はリビングで寝ている桃華でオナニーをするのだが、桃華は起きてしまう。土下座して謝る竿役だったが、桃華は続きを要求し……。

酔っ払い姉、エロい。こんな姉が欲しい人生だった。ノリノリで手コキ、フェラチオをしたあげく、レイプしちゃお」と言って竿役の童貞を奪う姿には勃起せざるを得ない。酔っぱらった姉に逆レイプされるとか最高である。非常に抜ける姉だった。

まとめ~オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。~

司伝評価

絵柄4.5
物語4.0
キャラクター4.5
抜き4.5
巨乳5.0
  • 巨乳好き、おっぱい星人である
  • ギャルやビッチが好き
  • なんだかんだでいちゃラブで抜きたい

『オタクに優しいギャルとか、巨乳の幼なじみとか。』は以上のような方々にオススメしたい。ビジュアル的なエロさは申し分なく、ヒロインも魅力的。お話がツボに入ればなお抜けることだろう。

幼馴染も姉も居ない人生とは何と辛いものか。いや、居たらエッチできると思っているわけではないが、妄想する対象すら居ないのは寂しい限りである。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました