ろりちぇっく!(橋広こう)三者三様ロリビッチ

レビュー

司伝の過去作レビュー

『ろりちぇっく!』は2016年に発売された、橋広こう(はしびろこう)氏作の商業アダルトコミックである。

橋広こう氏はCOMIC BAVELなどに漫画を掲載するエロ漫画の先生だ。ロリ系の作家で、特にビッチ系を好んで描く。一見してかわいい絵柄と、程よく発育したロリボディが魅力である。

本項では『ろりちぇっく!』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • ろりちぇっく!
  • 突撃となりの晩おかず!
  • アイドルになるもん!
  • 大人ぶりっこ
  • 三匹がゆくっ! LESSON.01、02、LAST(3篇)
  • ナナノアナ♥
  • 姫様にご用心♥
  • Look at me!
  • 三匹がゆくっ! ♥AFTER♥

『ろりちぇっく!』の魅力

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ089398.html

『ろりちぇっく!』は短いものも含め、全9篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「三匹がゆくっ!」は3篇の中編で、描き下ろし作品も収録されている。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ089398.html

ヒロインは3篇がJKくらいの美少女、それ以外はJSくらいのロリっ娘たちであり、全体的にはロリコン向けと言っていいだろう。おっぱいについては、前者が巨乳、後者はちっぱい貧乳、あるいは程よく育った発育おっぱいである。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ089398.html

本冊のロリっ娘たちはとにかくエロい印象。謎の世界観を用いながら、ロリビッチなヒロインに責められる展開が多い。エッチで自らセックスをしてくるような、天使みたいなロリっ娘ばかりなのだ。

非常に実用性重視なシナリオで、ロリ好きは安心して読める作品集である。お気に入りを選ぶのも難しく、ロリじゃない作品以外はどれもそれなり以上にはオススメだ。ここでは中編の「三匹がゆくっ!」をピックアップ。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ089398.html

放課後の教室で、竿役である教師が受け持っているクラスの女生徒三人から質問される。「どんな女性がタイプなんですか?」と訊かれたのは、彼が学校一のマドンナである保健の先生を振ったからである。なんと、教師にはロリコン疑惑がかかっているという。否定する教師だったが、三人の生徒たちは「私達から”イタズラ”されても興奮しないって事でしょ?」と言って教師の手を縛り……。

女生徒はいかにもSっぽいツインテ少女の猿渡、おっとり系と見せかけて積極的な宇佐美、教師に恋する大人しい猫井の三人。一話は教師を勃起させた後、勝手にアナルに挿入しちゃう猿渡が見どころ。二話では一話のことを機に教師が脅されるのだが、そこでニコニコしながらおまんこを見せる宇佐美がツボ。三話では猫井とのいちゃラブ⇒4Pでクライマックス。ヒロインは三者三様でみんな良く、実用的な中編だった。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ089398.html

巨乳ものはあえて触れないが、別に悪いわけではなく、ただロリもののほうが圧倒的に良いだけである。

【まとめ】ろりちぇっく!

司伝評価

絵柄4.0
物語4.0
キャラクター4.0
抜き4.0
ロリビッチ5.0
  • エッチに積極的なビッチ系ロリっ娘が好み
  • ちょっと発育したくらいが食べごろ

『ろりちぇっく!』は以上のような方々にオススメしたい。リアリティのある生々しい作品ではないが、実用的な展開とエロシーンは上手く作られている。ロリコン紳士の方々には問題なくオススメできる。

ロリがメインの作品集の巨乳作品を無視してしまうのは相変わらずだが、後半に集まっていることもあるし、どうしてもそれまでにことが終わってしまうのだ。単行本としても、前半に良い作品を置くのが鉄則。巨乳ものがなんとなく収録されている感はいなめないのである。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました