ろりぐるい(みなすきぽぷり)身体測定の誘惑

レビュー

司伝の過去作レビュー


ろりぐるい

『ろりぐるい』は2013年に発売された、みなすきぽぷり氏作の商業アダルトコミックだ。

みなすきぽぷり氏はCOMIC LOなどに漫画を掲載しているエロ漫画家の先生である。独特なタッチのロリ系のベテラン作家で、鬼畜・凌辱系からいちゃラブ系まで広くロリ作品を手掛けてきた。本冊においては凌辱系を中心に、そのタイトル通りロリ狂い」できる作品が揃っている。

本項では『ろりぐるい』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • るらるら☆る~む #1 どきどき☆ちぇんじ
  • るらるら☆る~む #2 おとまりの夜
  • るらるら☆る~む #3ぼくのふたごどれい
  • テルくんにあいたい
  • ちょっとむかしのしんたいそくてい
  • しっこさくご
  • おちりペタちて!
  • どうしておっぱいがいたくなるの?

『ろりぐるい』の魅力

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ069565.html

『ろりぐるい』は全8篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「るらるら☆る~む」は全3編の中編作品となっている。また、「ちょっとむかしのしんたいそくてい」「しっこさくご」は同じ時間軸のお話で登場人物が一部共有されている。

ヒロインは全てJSおっぱいはみんなちっぱい貧乳であり、まごうことなき正統派のロリっ娘達である。独特なタッチながら安定した作画はさすがのベテランの味。デフォルメが強い印象だが、その分表情が豊かであり、その辺りがグッとくる。誰もが美少女だと言うヒロインではないかもしれないが、子どもらしい可愛らしさはどなたにも伝わるはずである。

内容としてはレイプ強要などの凌辱系がメインだが、それほどハードなプレイは無し。かわいそうとは思いつつ、それほど悲痛的には感じないため、安心して使用することができる。シナリオの流れとしては、「子どもの魅力に大人が耐え切れず……」のような展開が多く、読者としては竿役に感情移入しやすくなっているのではないだろうか。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ069565.html

お気に入りにはいろいろあげておこう。「るらるら☆る~む」双子もの。弱みを握られて竿役が双子に奴隷にされるのだが、サディスティックな妹にお仕置きされる傍ら、消極的な姉には逆転レイプし、逆に奴隷にしてしまう。なかなかドエロい三角関係だった。「テルくんにあいたい」は片思いの彼に告白されたJSが、彼の兄にレイプされちゃうお話。かわいそうだけど抜けちゃう1篇。「しっこさくご」検尿が間に合わないと医者や先生の前でさせられる、ということを真に受けたJSが酔っぱらった兄の尿を持っていこうとするが…というお話。世の中の姉か妹のいる男性は、酔って兄妹に手を出すことってないのだろうか。と色々あげてみたが、今回は「ちょっとむかしのしんたいそくてい」をピックアップ。

教職に就いて八年目の柏木には、毎年楽しみにしている行事がある。それは身体測定だ。そこには胸をさらけ出している元教え子のJSがおり、まさに桃源郷のような場所だった。カーテンで仕切られている区画内では、医者が聴診器を生徒の胸に当てている。そこから漏れ出る声を聞き、柏木はついそのカーテンの中を覗いてしまう。しかし、それを生徒達に見られ、大バッシングを浴びる。何とか場を納めるために、同僚の教師に職員室に戻るように言われ、至福の時間を終わらせたことに柏木は憔悴する。後日、まだ希望が残っていた。それは、当日欠席していた生徒の測定を任されたことだった。その生徒はメガネっ娘の栗本月音。二人きりでの身体測定に、柏木は自分でも呆れるほどに勃起する。月音は目が悪いため、視力測定のタイミングで、柏木はペニスを露出する。興奮した柏木は、彼女を全裸にして測定を続け……。

身体測定。それは若き日からの憧れであった。このシチュエーションだけでも使えそうである。実際、冒頭の測定シーンだけでも見応えバッチリだ。とはいえ本番は個人測定。柏木は彼女のパンツに射精し、それを穿かせるなど、どんどん行為がエスカレートしていく。最終的にはそのパンパンに勃起したペニスを月音にイン……完全にレイプである。何とも欲望を掻き立てられる1篇だった。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ069565.html

絵柄の好みこそあれ、ロリコンのツボをしっかりと押さえた作品集だった。

【まとめ】ろりぐるい

司伝評価

絵柄3.5
物語4.0
キャラクター4.0
抜き4.0
ロリ5.0
  • ロリ×凌辱に燃える
  • 正統派のちっぱい貧乳ロリっ娘が好み
  • JSらしさが大事

『ろりぐるい』は以上のような方々にオススメしたい。JSらしい設定で始まる凌辱展開には興奮せざるを得ない。絵柄も子どもらしさ全開であり、ロリコン紳士になら刺さるはずである。

身体測定は夢の世界。今はあんな風に行われていないのだろうか。気になるところだ。

本作については以上である。それでは、またの機会に。


ろりぐるい

コメント

タイトルとURLをコピーしました