ろり★がぶう(オオカミうお)脅されて犯されて

レビュー

司伝の過去作レビュー


ろり★がぶう

『ろり★がぶう』は2009年に発売された、オオカミうお氏作の商業アダルトコミックである。

オオカミうお氏はCOMIC LOに漫画を掲載しているエロ漫画家の先生だ。特徴的な絵柄とヤバげなシナリオで読者を魅了するロリ作家であり、本冊はデビュー作に当たる。

本項では『ろり★がぶう』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • 夏美ちゃんのお仕事GET大作戦
  • オフで即がぶぅ (描き下ろし)
  • 園川さんのひみつ
  • マッド ハニィ
  • 帰郷
  • 仔兎ちゃんのいる店
  • イモウトノニオイ
  • まいんど こんとろーる
  • きつね山
  • 憑きもの
  • つよデコっ!
  • わたしのナイショ

『ろり★がぶう』の魅力

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ069572.html

『ろり★がぶう』は短い作品も含め、全12篇で構成されているオムニバス短編集だ。

ヒロインはJSJCおっぱいはみんなちっぱい貧乳で、スレンダーで線の細いタイプのロリっ娘たちである。あばら骨の浮いた肉体は、リアル系のロリ好きに向くかもしれない。絵柄が個性的でクセがあるため、ヒロインのルックスについてもかなり人を選ぶと思われる。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ069572.html

内容は結構ハード系。恋愛いちゃラブはほぼ無しで、和姦なら近親相姦ビッチ系で、レイプ強要脅迫のようなきつめのものがメイン。処女作ながらも、すでにオオカミうお作品らしさが出来上がっている印象を受ける。

ヒロインが酷い目に遭う作品はそれほど好まないが、オオカミうお作品はそっちのほうが魅力的に映る。お気に入りは選びづらいので、色々と挙げていきたい。「オフで即がぶぅ」はオフ会でJSが来ちゃうお話。食べるというより食べられる感覚が味わえる、ビッチなヒロインは私好みである。「園川さんのひみつ」コスプレ趣味の秘密を同級生と共有しようとするも、兄が乱入して犯されてしまうお話。可哀そうな展開ながら、最もインパクトのある1篇だった。「イモウトノニオイ」は妹の匂いが気になる兄が、嗅がせてもらってるうちに行為に移っていくお話。これはいちゃラブ系の近親相姦作品である。「まいんど こんとろーる」は同級生に催眠術をかけたら効いてしまい……というお話。こちらは催眠ものの皮を被ったいちゃラブ作品と思ったほうが良い。選ぶとしたらこの辺りだろうか。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ069572.html

背徳的な作品群なので、好みが合いそうならぜひ試していただきたい。

【まとめ】ろり★がぶう

司伝評価

絵柄3.0
物語3.5
キャラクター3.5
抜き3.5
ロリ凌辱5.0
  • ロリ×凌辱が好き
  • あばら骨の浮いた細身のロリボディが好み
  • 可哀そうなロリっ娘に萌える

『ろり★がぶう』は以上のような方々にオススメしたい。処女作ながら、背徳的な設定は良く出来ているので、可哀そうなロリっ娘が好きな人には向くはずである。

あばら骨浮く系のロリボディがすごく恋しい日が年に数日ある。その発作的な性癖にも応えてくれる、エロ漫画の懐の深さに感謝である。

本作については以上である。それでは、またの機会に。


ろり★がぶう

コメント

タイトルとURLをコピーしました