むっつりびっち(ぷよちゃ)処女でビッチなギャル

む行

司伝の過去作レビュー

『むっつりびっち』は2017年に発売された、ぷよちゃ氏作の商業アダルトコミックである。

ぷよちゃ氏はCOMIC BAVELなどに漫画を掲載するエロ漫画家の先生だ。絵柄についてはクセがなく、それほど人を選ばないだろう。抜き重視な作風で、ビッチギャルを好んで描く。また、描かれるヒロインはみんな巨乳である。

本項では『むっつりびっち』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • むっつりびっち♡
  • 羞縛カンケイ♡
  • 尻ングショット!
  • IN♡LIVE
  • エロウィンパニック
  • 君色想い♡
  • ペトカノ♡
  • なま♥わな
  • 使用期姦♥

『むっつりびっち』の魅力

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ117973.html

『むっつりびっち』は全9篇で構成されているオムニバス短編集だ。

ヒロインはJK以上で、中には人妻もいる。おっぱいはもれなく巨乳。等身高めのボンキュッボンボディとして描かれた体はエロエロ。絵柄はとっつきやすい印象であり、ビジュアル的にも人を選ばないだろう。

舞台としては全て現代劇であり、内容は抜き重視。そのタイトル通り、ビッチっぽい、もしくはビッチそのものであるヒロインが魅力である。反面、複数プレイは意外と少なく、割といちゃラブもある。

変態下着・マイクロビキニ、首輪・拘束など、ビッチっぽいアブノーマルプレイは充実ビッチもの、というよりはそういう作品集としても良いかもしれない。

お気に入りは特にないが、ここでは表題作の「むっつりびっち♡」をピックアップ。処女ギャル3Pに挑むお話である。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ117973.html

ギャルJK、瑠魅は友人の綾音から彼氏とのエッチな話を聞いている。顔を真っ赤にしていると、綾音から瑠魅が処女であることを見抜かれてしまう。処女じゃないと言い張る瑠魅に、綾音は彼氏と3Pをしようと提案する。瑠魅は挑発に乗ってしまい、放課後保健室へと訪れた。すると、そこではすでに綾音とその彼氏がセックスをしており、再び顔を真っ赤にしてしまう。怯みそうになる瑠魅。しかし、気持ちよさそうな綾音を見て発情する。一度保健室から出た瑠魅だったが、戻ってくると首輪をつけたメス犬の姿になっており……。

ギャルなのに純情な処女、と見せかけて処女だけどビッチ、な瑠魅。変化球過ぎてもはやよくわからないが、二人のヒロインのエロさは文句なし。ただ、こういうヒロインなら竿役に工夫して欲しかった気もする。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ117973.html

描写のエロさは申し分ないし、プレイも凝っている。後は好みだろうか。

【まとめ】むっつりびっち

司伝評価

絵柄4.5
物語3.0
キャラクター3.0
抜き4.0
変態5.0
  • アブノーマルなプレイにこだわりがある
  • ビッチが好き

『むっつりびっち』は以上のような方々にオススメしたい。ビッチ好きな私だが、いまいち刺さらないのは、理想としているビッチの種類が違うからだろう。描写的にもエロいため、合う人にはきっと合うはずである。

個人的には、「変態的なプレイ大好き!」というヒロインよりも、「セックスなんて軽い遊び」というタイプのヒロインのほうが好みである。前者ならきっと合うのだろう。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました