ふぁ〜っくのじかん/平間ひろかずレビュー-これも保険の授業です

ふ行

ちょっと異常かもしれないが、私、司伝はいまだに夜のセックスをしたことがない。素人童貞であるため、性体験が風俗しかないわけだが、お店には基本午前~昼までに行くのである。

何故かと訊かれたら、理由は二つある。一つは単純に夜の外出が好きではないから。もう一つは、朝の方がムラムラしているからである。「勃起が止まらない!」ような状態になるのが、夜よりも朝なのだ。

ひょっとすると、これは恋愛したら非常に困る体なのではないだろうか。朝からセックスに付き合ってくれる女性がどれほどいるのだろうか。朝派の女性、お待ちしております。

司伝
司伝

今回は濃厚ないちゃラブ作品集をご紹介します。

本項目では、『ふぁ〜っくのじかん』の作者平間ひろかず氏について、また、『ふぁ〜っくのじかん』シナリオやプレイ内容、ヒロインの雑感、オススメのヒロインと一話について、最後には司伝の評価も記載しておく。最後まで見ていただければ幸いだ。

ふぁ〜っくのじかん/平間ひろかず とは

タイトルふぁ〜っくのじかん
著者平間ひろかず
初版発行2020年
掲載誌・レーベルワニマガジンコミックススペシャル
出版社ワニマガジン社
ページ数207頁
形式オムニバス

漫画家・平間ひろかず(ひらまひろかず)

平間ひろかず氏はCOMIC快楽天ビーストなどに漫画を掲載しているエロ漫画家の先生である。

巨乳をメインにしながらロリ貧乳っ子も描き、力強い線で描く作画は安定。内容については、基本的にはいちゃラブ系ながらも、随所に面白い設定を組み入れてくれる印象である。

作品・ふぁ〜っくのじかん

『COMIC快楽天ビースト』濃密ラブ作家、平間ひろかずの単行本第4弾!

ふぁ〜っくのじかん【デジタル特装版】 [ワニマガジン社] | DLsite 成年コミック – R18

『ふぁ〜っくのじかん』は短いものも含め、全9篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「キュッとしたのがお好き?」については、短い後日談も収録されている。

多くは1対1のいちゃラブ作品だが、実用性は高め。濃厚なエロいちゃラブが揃っている。また、複数プレイのものは女男女の3Pである。

【詳細】ふぁ〜っくのじかん

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

それでは、『ふぁ〜っくのじかん』をより詳しくご紹介しよう。

【収録作品】

  • OUT!!!
  • キュッとしたのがお好き?
  • キュッとしたのがお好き?after
  • 出会いは16年前
  • 小悪魔のホンネ
  • おんなのこのかきかた。
  • 夏のマモノが目を覚ます
  • キミのスキなとこ
  • ちいさなてのひら
  • 月極セックスフレンド

シナリオ

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

シナリオは現代劇がほとんどだが、例外もあり。「ちいさなてのひら」では物の怪と共存する世界が描かれている。

基本は純愛であり、平和なお話が揃っている。安心して読める作品集である。

プレイ内容

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

プレイは全て和姦で、しっかりとした恋愛関係のいちゃラブセックスが多い。

体位は正常位、騎乗位、後背位など。フェラチオはそこそこ、少ないがパイズリもあり。

複数プレイは2篇でどちらも女男女の3P。ハーレムというよりは、どちらも男女のいちゃラブセックスに一人の女性が混じっているような作品である。

ヒロイン

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

ヒロインの年齢は不詳のものが多く、低ければJCくらい、JKが多め、高くて20代後半くらい。おっぱいは巨乳がメインだが、中には露骨な貧乳も居る。

恋愛作品の醍醐味と言えるのは、ヒロインが性に対してもまともだということ。もちろん例外もあるが、セックスが好きなのではなく、竿役が好きなヒロインが多い一冊である。

オススメの一話

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

オススメの一話「OUT!!!」。本冊の中では浮いている3P作品である。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

保険教諭、千恵美の下にやってきたのは、羽美という大人しい少女だ。彼女には悩みがあるという。それは、恋人であるクラスメイト、小塚とのエッチが上手くいかなかったことだった。経験不足だけに、千恵美はその悩みを受け流そうとするが、羽美に押し負けてしまい、正しいエッチの仕方を実践で教えることに……。

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

大人だが男性経験が少ない千恵美は、サバサバしてそうなメガネ美女。羽美は黒髪おさげのロリっ娘(JC?)。それでいて羽見のほうが押せ押せで、千恵美のほうが流されていくのが楽しい。最終的には千恵美もヤリたくなってしまい、ガッツリと3Pに至る。二人のコントラストと設定がエロ楽しい1篇だった。

オススメのヒロイン

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ249748.html

オススメのヒロイン「出会いは16年前」の皐月をあげたい。ちょっとダメなお姉さんである。

皐月は実家でダラダラと過ごす日々を送る20代後半の女性。母から「孫の顔が見たい」と言われると、近所に住む年下の男、孝介と結婚するとおどける。そこにやって来た孝介は、あっさりとそれを拒否。二人はいつも通り憎まれ口を叩き合う。皐月は孝介と違って経験があると毒づくと、孝介は「じゃあ大人の何たるかを教えて」と冗談を飛ばす。すると、イラついた皐月はムキになり……。

皐月の女子力無しの生き遅れ女感が良い。美人で巨乳なのに、一見してエロに結びつかない雰囲気をちゃんと出しているところが、キャラクターづくりの上手さだと思う。竿役との関係性も良く、お互いなんだかんだでちゃんと好意があるのが伝わってくるのが愛おしい。良いいちゃラブ作品だった。

まとめ~ふぁ〜っくのじかん~

司伝評価

絵柄4.5
物語4.0
キャラクター5.0
抜き4.0
いちゃラブ5.0
  • いちゃラブこそ正義
  • 巨乳こそ正義
  • 好きな人とのエッチが一番気持ち良い

『ふぁ〜っくのじかん』は以上のような方々にオススメしたい。漫画はキャラクターが大事だと言われるのだが、その理由は、シナリオは基本に忠実であるほど面白いものであるため、キャラクターこそが個性となるからである。

エロ漫画においていちゃラブは最もベタなものだが、それでも個性が感じられるのは、キャラクターづくりが上手いからだろう。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました