つるぺたハーレムだよ/智沢渚優レビュー-売られそうな少女たち

レビュー

私、司伝「つるぺた」という言葉に惹かれる。それは、私がロリコンであることにほかならないのだろう。そんな「つるぺた」にはwikiがあったので、ちょっと見てみよう。

つるぺたとは、乳房が発達せず、平たい状態(幼児体形)で、陰毛もない、乳房・陰毛共にタナー段階Iの女性、思春期(Thelarche)前の幼女の体型を指すスラングである。主にアニメやアダルトゲーム等二次元の分野で、キャラクターの萌え属性として使われる。

「下がつるつるで上はぺったんこ」を意味してつるつるぺったん(略してTTP)とも言う。これらは思春期・成人女性に対しても使うことができる。

つるぺた – Wikipedia

陰毛もない、というのが大きなポイントだろうか。つるつる、ぺったんこ。風俗でそんな嬢と出会ったときには感動すらしたものである。また出会いたい、つるぺた嬢。

司伝
司伝

今回はつるぺたロリっ娘が活躍する作品集をご紹介します。

本項目では、『つるぺたハーレムだよ』の作者智沢渚優氏について、また、『つるぺたハーレムだよ』シナリオやプレイ内容、ヒロインの雑感、オススメのヒロインと一話について、最後には司伝の評価も記載しておく。最後まで見ていただければ幸いだ。

つるぺたハーレムだよ/智沢渚優とは

タイトルつるぺたハーレムだよ
著者智沢渚優
初版発行2020年
掲載誌・レーベルMUJIN COMICS
出版社ティーアイネット
ページ数192頁
形式オムニバス

漫画家・智沢渚優(ともざわしょう)

智沢渚優氏はCOMIC夢幻転生などに漫画を掲載しているエロ漫画家の先生だ。

この道20年以上のベテランで、実に約30冊もの単行本を発表している。絵柄は今風とは言い難いものの、ブラッシュアップは続けられており、個性的で味のある作画となっている。長いキャリアで様々な作品を残しているが、ここ最近は特にロリ系の作品が増えている。

作品・つるぺたハーレムだよ

美少女漫画界に屹立する金字塔・智沢渚優先生のロ〇っ子ハーレム物語!!
エロ美少女たちのすじマン、ぷにマンが乱舞するハーレムに搾精不可避!!

つるぺたハーレムだよ [ティーアイネット] | DLsite 成年コミック – R18

『つるぺたハーレムだよ』は全5篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「ミニミニミルクホール」は2篇の中編となっている。

そのタイトル通り、全編において「つるぺたハーレム」が楽しめる一冊であり、ロリっ娘たちとの複数プレイが収録されている。内容としては、多少シリアス寄りである。

【詳細】つるぺたハーレムだよ

それでは、『つるぺたハーレムだよ』をより詳しくご紹介しよう。

【収録作品】

  • 運び屋のお仕事
  • よこどり書道教室
  • ミニミニミルクホール<第1話>
  • ミニミニミルクホール<第2話>
  • あったかおふとん~お泊まり夜話~

シナリオ

シナリオは現代劇で、中には暗めの設定の作品もあり。痛々しくはなく、どれもハッピーエンドなのでその辺りは安心していただきたい。

とにかくロリハーレムにこだわった作品で、最終的にはみんな竿役のことが好きになる(あるいはヤりたいだけ)都合の良いシナリオ展開である。

プレイ内容

プレイはひたすらハーレムで、メインヒロイン格のキャラを中心に、竿役が大好きなモブロリっ娘もまとめて抱いていく

体位は座位、正常位、騎乗位、後背位などだが把握しきれない。フェラチオもそこそこ。

仕方ないことだが、メイン格以外のヒロインとはダイジェスト的なエッチで終わるため、あくまでもハーレム感を味わうためにシーンが挟まれているという印象を受ける。その辺りで実用性としては疑問符が付きそうだ。

ヒロイン

ヒロインは年齢不詳も多いが、大方JC、JSロリである。あるいは、もっと下が居てもおかしくはない状況の作品もある。おっぱいちっぱい貧乳~ちょっと発育した子までいる。

絵柄には相当クセがあり、好みは大きく分かれそうだ。丸っこい輪郭と大きな目、ロリものでは珍しく鼻が明確に描かれていることもあり、ちょっと時代を感じる作画のように思う。それでも、柔らかいタッチで描かれるヒロイン達は他にはない魅力があり、その幼さも含め、個人的には結構好きな作画である。

オススメの一話

オススメの一話「運び屋のお仕事」。なかなかインパクトのある設定の作品である。

竿役はトラックの運転手である。ある日、明らかに怪しいコンテナ一基を運ぶ飛び込みの仕事を、実入りがいいからと軽く受けてしまった。竿役が高速道路のSAで休憩していると、トラックの中から音が聞こえる。不審に思って開けてみると、中から少女が出てきた。中にはさらに幼い少女も含め、六人の女の子が入れられていた。騙されて日本に運ばれてきたらしい彼女達に、動揺する竿役。少女の一人、シンクから説明を受けつつ運転していると、運転席近くにあった雑誌で竿役がロリコンであることがバレてしまった。すると、シンクは運転中の竿役のファスナーを下ろし……。

売られそうな外国の少女達は、身を守るために竿役を誘惑する。しかし、竿役の善意に気づくと、竿役に身をゆだねることを決め、全員で竿役とセックスを始める。犯罪的幼さの子(正確にはどの子でも犯罪だと思われるが)もおり、設定も含め、なかなか衝撃的なハーレム作品だった。

オススメのヒロイン

オススメのヒロインは先述したシンクと、「ミニミニミルクホール」言羽をあげよう。喫茶店が子どもたちに支配されるお話である。

喫茶店のマスターをしている竿役だったが、いつしかお店は子どもの溜まり場となっていた。それは、竿役の盗撮が少女の一人、言羽にバレてしまったことが原因である。言羽は盗撮カメラの設置をさらに大胆な場所にし、自らオナニーをして見せる。店に来ている少女たちと一緒にその画面を見ている竿役に、言羽はサービスを要求し……。

この子たちの何がこの状況を作り上げているのかは全く分からないが、盗撮がバレた結果、喫茶店にてロリハーレムが完成した。特に盗撮カメラを見つけた言羽が積極的に竿役を誘惑し、手のうちに入れている。学園の教師が店に来ているときにカウンター下にてセックスをさせたりと、その行為は大胆不敵。こちらもなかなかインパクトのある1篇で、その中でもエロいヒロインだった。

まとめ~つるぺたハーレムだよ~

司伝評価

絵柄3.5
物語3.5
キャラクター3.5
抜き3.5
ロリハーレム5.0
  • ロリっ娘でハーレムを作りたい
  • ちっぱい貧乳の正統派ロリっ娘が好み
  • 色んな幼さを堪能したい

『つるぺたハーレムだよ』は以上のような方々にオススメしたい。実用的かはちょっと微妙だが、なかなか興奮できる設定であり、楽しめる一冊である。

相手が六人もいれば、さすがに全員分の自信はない。現実のこういう状況になったとしたら、案外つらいのかもしれない。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました