ちちびっち(ピエ~ル☆よしお)ビッチ双子と3Pしたい

レビュー

司伝の過去作レビュー

『ちちびっち』は2014年に発売された、ピエ~ル☆よしお氏作の商業アダルトコミックである。

ピエ~ル☆よしお氏はCOMIC快楽天などにエロ漫画を掲載し、「みやこかしわ」名義で一般誌でも活動している漫画家の先生だ。近年では商業アダルトコミックは出していないが、エロ漫画においては安定して高い作画と抜き重視のシナリオが魅力である。本冊は2022年現在で唯一のアダルト単行本となる。

本項では『ちちびっち』の魅力と、それについての私の評価をまとめていきたい。

【収録作品】

  • ふたビッチ!!
  • ふたえっち!!
  • 義理ギリしすたー
  • つよコス!
  • つよコス アドバンズド!
  • すりーぷすとりっぷ
  • じゃじゃクマ馴らし
  • あいカギParty!
  • 放課後フレーバー
  • 碧眼剣術小町
  • いのこりマーメイド
  • とりたてちゃうぞ♡
  • キィちゃんはパイズリーナ

『ちちびっち』の魅力

『ちちびっち』は短い描き下ろしも含め、全13篇で構成されているオムニバス短編集だ。内「ふたえっち!!」「ふたビッチ!!」の後日談的描き下ろし、「つよコス!」は連作となっている。

ヒロインはJK以上。おっぱいはみんな張りのある巨乳の持ち主で、タイトルのイメージ通り、乳が売りのヒロイン達となっている。洗練された萌えエロ作画という印象で、ビジュアルは抜群。真っ当な美少女ばかりである。

内容は抜き重視で、いちゃラブから複数プレイまで、実用的なものが並んでいる。男性優位もあれば女性優位もあり、様々なニーズに応えている。風俗、黒ギャル、コスプレ、競泳水着、睡眠姦など、色んな嗜好も満たしてくれるため、気に入る作品が誰にでも一つくらいはあるのではないだろうか。

というわけでお気に入りを選ぶのも難しい。幼なじみが妹になった「義理ギリしすたー」義妹の誘惑がたまらない1篇「つよコス!」不良JKコスプレを覚えて一変するのが愛おしい。「あいカギParty!」恋人未満の親戚とその友達との3Pで、こちらも実用的な1篇。その他のいちゃラブ系も非常に充実。今回は「ふたビッチ!!」をピックアップ。

竿役は初めてのデリヘルにドキドキしていた。そこにやってきたのは、双子ギャル、真夏と真冬だった。二人はむかし世話になった社長の娘さんで、顔見知りだった。それでもなお乗り気な双子に驚く竿役だったが、ビッチな二人は彼を押し倒し……。

単純明快、ただ「大人の男性と思いっきりエッチがしたい」という双子ビッチ。真夏は金髪褐色ギャル、真冬はおっとり系美少女。この二人にリードされてヤりまくる展開が抜けないわけがない。描き下ろしの「ふたえっち!!」までまとめて実用的な作品だった。

2014年の単行本ながら、著者唯一のアダルトコミックであることも含め、まだまだ”買い”な一冊である。

『ちちびっち』の魅力

司伝評価

絵柄5.0
物語4.0
キャラクター4.0
抜き5.0
巨乳5.0
  • エロ漫画は実用性重視
  • 巨乳好き、おっぱい星人である

『ちちびっち』は以上のような方々にオススメしたい。性癖にド刺さりするような作品集ではないが、どなたにでもオススメできる、絵柄も内容も安定した一冊である。結局のところ、巨乳おっぱいは正義なのだ。

一般誌で活動している先生のエロ漫画は、さながら「女優になる前のグラビア活動」のよう。その希少性も含めて楽しんでいただきたい。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました