こあくまは小動物/武藤まとレビュー-ぷにロリハーレム

こ行

以前も書いたかもしれないが、私、司伝は女子の多い高校を卒業した。学校全体で20:1くらいの比率だったと思う。

女子の多い高校だとモテるということはない。このくらいの比率だと、むしろ女子高化してしまい、男子など平和を乱すバグくらいにしか思わない女子もいたくらいである。

しかし、女子高化することで良いこともあった。かなり無防備なのである。パンチラどころかパンモロを拝んだこともあるし、下着姿をモロで目撃したこともあった(しかもこちらに非が無かったので相手に謝られた)。今も何となく目に焼き付いているエロい記憶。誰でもモテるというのは幻想だが、それなりに美味しい思いもできるのである。

司伝
司伝

今回は女子高ハーレム中編を含む作品集をご紹介します。

本項目では、『こあくまは小動物』の作者武藤まと氏について、また、『こあくまは小動物』シナリオやプレイ内容、ヒロインの雑感、オススメのヒロインと一話について、最後には司伝の評価も記載しておく。最後まで見ていただければ幸いだ。

こあくまは小動物/武藤まと とは

タイトルこあくまは小動物
著者武藤まと
初版発行2018年
掲載誌・レーベルワニマガジンコミックススペシャル
出版社ワニマガジン社
ページ数199頁
形式オムニバス

漫画家・武藤まと

武藤まと氏はCOMIC快楽天などに漫画を掲載するエロ漫画家の先生である。特徴は何と言っても絵柄。このぷにロリ作画の虜になっている人は多いのではないだろうか。作風も絵柄の雰囲気を壊さない、甘々でエロエロな内容となっており、癒しを求める人にうってつけの先生なのだ。

作品・こあくまは小動物

サキュバスの通う女子校で性教育尽くしの学園生活!!
チア部の凛ちゃんの秘密…それはノーパンが趣味ってこと☆
触られただけで発情しちゃう!? ウサミミ娘が働くメイド喫茶♪
拾った子犬はイヌミミ娘。交尾も毎日できちゃうんです…。
性的サービス満載の航空会社で無制限ハメハメ空の旅!!
身分違いのお嬢様と結ばれちゃったら膣内射精ガマンできない…など、キュートでハードなえっちだらけの最新作品集!!

こあくまは小動物 [ワニマガジン社] | DLsite 成年コミック – R18

『こあくまは小動物』は短いカラーページも含め、全10篇で構成されているオムニバス短編集だ。内4篇は「こあくま学園♥レッスンライフ」という中編作品となっている。

ふわふわとした雰囲気とぷにぷにとした美少女がキュート。そんなビジュアルなのに、この漫画はエロ漫画であり、ロリ少女たちはみんなセックスをしている。『こあくまは小動物』の共通のテーマとしては、「獣耳」であること。大した言及がなかろうが、ぷにロリ少女たちには獣耳があり、それもまた我々を癒してくれるのである。

【詳細】こあくまは小動物

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ177429.html

それでは、『こあくまは小動物』をより詳しくご紹介しよう。

【収録作品】

  • KLAへようこそ!
  • 秘恋氷麗
  • こあくま学園♥レッスンライフ #01~#04
  • 一緒にヒミツしませんか…?
  • うさかふぇ
  • 飼い主のココロエ
  • こあくま学園アフター

シナリオ

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ177429.html

ヒロイン獣耳であるにも関わらず、舞台は現代的で、それほどファンタジー設定が強調されていない。読んでいけば、ちゃんとそういう設定が含まれているということがわかる程度である。

シナリオとしては緩いいちゃラブで、不快感のない癒しの作品集となっている。

プレイ内容

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ177429.html

プレイは全て和姦であり、短編においてはいちゃラブばかりである。中編作品はハーレムが売りであり、いちゃラブ以外にも、ハーレム3P、4Pなど複数プレイが堪能できる。

体位に偏りはなく、正常位や対面座位などスタンダード。フェラチオシーンはほぼ常備されており、その幼い顔とペニスの組み合わせがエロい。

ヒロイン

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ177429.html

ヒロインに年齢の記載はないが、みんなJS程度のロリ少女である。特に体つきが顕著で、小さいおっぱいにぷにっとした肉付きが素晴らしい。絵柄としても、可愛すぎるほどに可愛い印象であり、こんな美少女が出てるのにエロ漫画なの? などと驚かれてもおかしくはないほどである。

そして、本冊に置いての売りはやはり獣耳と尻尾である。猫耳、犬耳、うさ耳と充実し、ロリであることも含め、”小動物”であることが魅力である。

オススメの一話

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ177429.html

オススメの一話は中編の「こあくま学園♥レッスンライフ」をまとめてあげておこう。

竿役の湊は生徒交換により、お嬢様学校である涼白女学園に転入することになる。そこで、生徒会長である涼色なつめから学園の説明を受け、そのままの流れである契約書にサインをする。その内容は、夢魔(サキュバス)の教材になること。実はそこは夢魔の通う学校であり、初等部では性教育で吸精を学ぶのだが、その手伝いのために生徒交換を行っていたのだ。そして、性教育の時間になると、ロリ可愛い少女たちは湊のペニスに群がり……。

本当に都合の良いハーレムストーリーである。だが、それがいい。何が良いって、サキュバスという設定を利用して、無垢なロリっ娘たちが無邪気にペニスに群がる様である。そして、セックスに入ると恍惚な表情を浮かべながらいちゃラブセックスをする。たまらない優越感を味わえる作品なのだ。

オススメのヒロイン

引用:https://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/
BJ177429.html

オススメのヒロインはそんな「こあくま学園♥レッスンライフ」のメインヒロインであるなつめをあげよう。

わかりやすいくらいのツンデレ少女だが、初体験の時は完全にスイッチが入っており、逆レイプ的にセックスをする。そしてその後むすっとしているのが何とも可愛らしい。

#03で「クラス全員とエッチする」という気持ちいいくらい真っすぐなハーレム展開があるのだが、いかにもメインヒロインな子とそういう流れでセックスをする展開に意外性を感じて気に入ってしまった。ちなみになつめは#02以外全てセックスシーンがあるので、存分に堪能できるようになっている。

まとめ~こあくまは小動物~

司伝評価

絵柄4.5
物語3.5
キャラクター3.5
抜き4.5
ぷにロリ5.0
  • ぷにロリな絵柄が好み
  • 正統派のちっぱいロリっ娘が好き
  • 平和ないちゃラブやハーレムこそ癒し

『こあくまは小動物』は以上のような方々にオススメしたい。武藤まと氏の絵柄は個性的でエロに直結しづらいが、そのギャップに魅力を感じる人にはドはまりできるものである。内容も含め、本当に癒される作品集だった。

こういう絵だと抜けない時もあれば、こういう絵柄こそ興奮する時もある。エロとは奥深いものである。

本作については以上である。それでは、またの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました